あいうえお花

2013年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年07月
ARCHIVE ≫ 2013年07月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2013年07月  | 翌月 ≫

カレーのお店「ボン・ヴォイージ」

岡山市中区倉田にある「ボン・ヴォイージ」(Bon Voyage)へ友達とランチに行きました。
リッチなマダムが集うお店という雰囲気ですが、おじさんも若い人もたくさん来ています。
オーナーの趣味で高価な美術品がいっぱいあります。ヒロヤマガタのシリアルナンバー付の絵もあります。ここも、もう20年近く食事に行っていますが、味は変わらず、欧風カレーで丁寧に作ってあります。あまり辛くありません。
私は、大きなエビフライが2本もついた「キャプテンカレー」です。

友達は人気の「シーフードカレー」です。

おしゃべりに夢中で午後4時ごろまでいました。とても居心地がいいんです。もちろん途中で飲み物を注文しましたよ。

児島の「ふく仙」

 昔はよく行っていた児島の「ふく仙」へお昼を食べに行きました。
本当に久しぶり・・・。最初に行ったのは25年前ぐらいです。魚がとってもおいしくて話題になり、いつも大繁盛で、数年前には倉敷にもお店ができたとか。

いけすで泳いでいた「ふぐ」くん。

にぎり定食を頼みました。

つぎに、近くなので「瀬戸内児島ホテル」へ

鷲羽山ハイランドを見ながら・・・

瀬戸大橋の写真を撮って帰りました。

 丁度「皇太子殿下」が通られるところでした。旗を持った人たちがお出迎え。

 帰り道に、大元駅近くのケーキ屋さん「パティスリー エール」に寄りました。ビールのゼリーがおいしいとのことで買ってみました。ほんと!おいしかった。あっさりしていてほんのりビール味がしました。もちろんアルコールはゼロです。

ボイセンベリーのジャム

 先日、賀陽の道の駅へ行きましたら、ブルーベリーといっしょにボイセンベリーがありました。
 ボイセンベリーは、抗酸化機能が高いポリフェノールやアントシアニンをブルーベリーの数倍も含んでいるそうで、一度食べてみたいなぁと思っていたところでした。
 ボイセンベリーのことを知ったのは、よく拝見させていただいている香川県の園芸家の宮本さんのブログの記事からでした。こちら
 生でそのまま食べると、やはりすっぱ~~い。
 で、ジャムにしました。R1にかけていただきました。

失敗!シフォンケーキ

すご~く久しぶりに紅茶のシフォンケーキを作りました。
昨年、結婚した時からのオーブンを捨て、初めての電子レンジでもある「ヘルシオ」を買いました。今まで電子レンジを使ったことがなかったので、なかなか敷居が高くて、買っても使いこなせません。
ちょっと時間があったので、初オーブンを使ってみることにしました。
ネットで分量をみて作ったのですが、家にあるシフォン型が22センチで、17センチ用の分量だったため、薄っぺらいものになりました。仕方ないので二段重ねです。一人でお茶を~~しました。(味は良かったです)

義母のために自費自作出版

 夫の母は、川柳や短歌が趣味で、地域のサークルで活動していますが、朝日新聞や山陽新聞のコーナーにも投稿しています。山陽新聞の「ちまた欄」にもずっと投稿していて、本(冊子)にできるほど量がたまっていたので、自分でも「記念に本にしたいなあ」といつも言っていました。
 そこで、自費自作出版することにしました。丸善に相談にも行きましたが、一冊の単価が「そんなにぃ?」というほど高くつきます。読み取りソフトでデジタル化して、Wordで冊子のレイアウトをしました。しかし、素人ではきれいにできない箇所が一か所だけあります。製本です。運よく印刷会社に勤めている知り合いの方が割安で製本してくれました。義母に出来上がったものをプレゼントすると大喜びでした。50冊ほど作ったので、お友達や知り合いの方にも差し上げて、とてもうれしかった様子です。

ミント三種

 いつも行くスーパーに小さな園芸コーナーがあります。先日アメリカンチェリーのゼリーを作った時に、庭にミントがないので買わなきゃと思っていた矢先、数本のミントが置かれていました。
 3種類のミントがあって、迷いに迷ったあげく3種とも買ってしまいました。またやっちゃった・・植えるところがないのに。

あげはちょうの恩返し

 庭の隅っこに、もう20年以上前に買ったキンカンの木があります。西大寺の会陽が終わったあと吉井川の河川敷で庭木市が開かれるのですが、そこで購入したものです。鉢植えですが、毎年大きな実をつけてくれます。そして、アゲハの幼虫もいっぱい。 産卵場所となっています。 幼虫が小さなうちにそっととるのですが、ちょっと大きめな2匹だけとらないでおきました。 新芽をもりもり食べておおきくなっていましたが、突然、姿を消していました。
 朝、花柄をとったり、水やりをしていたら、ふいにパタパタと私の目の前を横切りハンギングの鉢に止まったものがあります。なんだ?とびっくりしましたが、あげはちょうでした。 きれいな羽がまだ縮れていました。 大きくしてくれてありがとうと言いに来たのかな。そんなわけないですね。

2週間ちょっと前の写真です。虫が苦手な人はごめんなさい。ピンボケに一応しています。

フラワーアレンジメントレッスン(7月)

 昨日はレ・マーニでのフラワーアレンジメントレッスンでした。ご近所の方をお誘いして、初めて参加されました。Emikoさんも久しぶりに参加されて、先月行かれたイギリス旅行のお話をしてくださいました。
 レ・マーニの門をくぐると、洋風桃源郷のような世界で、現実を忘れてすばらしい時間を持つことができます。お花は涼しげなホワイト&グリーンのアレンジメントでした。

Reiko先生、弾丸ドライブでエピングの森までとりに行ってくださった愛蔵のティーカップ。

紅茶はベティーズ。めずらしいものをありがとうございました。右はEmikoさんのイギリスおみやげ。
来月みんなでいただきます。ありがとうございました。

ムースの上にのっているのは、乾燥したパイナップルの薄切り・・・お花のよう

リンゴの味がした「レンブ」という果物?南インド、マレー半島原産のフトモモ科だそうです。

レモンシャーベットに炭酸水の飲み物はとてもすっきり!おいしかった。

イギリス旅行のお話をみなさん興味津々で聞いています。

貞友シェフからスイーツの説明を聞いています。屋外は人の体温ぐらいの温度ですが、レストランの中はさわやか。窓の外には、葡萄が垂れて実っています。絵になります。


初参加のNさんの作品です。お隣なので写真を撮らせてもらいましたよ。玄関に素敵に飾られていました。

ふにゃふにゃの花

 ご近所に毎日犬の散歩風景をブログに綴っていらっしゃる方がいて、『地蔵川のあたりに「ふにゃふにゃの花」があるが名前はなんだろう。気になる花だ』と写真つきの記事を書かれていました。たまたま買い物帰りに自転車に乗っていて、その花らしきものを見つけたので、急ブレーキをかけて側道の石に足をのせようとしたら、サドルが高すぎたのか、石が小さかったのか、足が短かったのか(これ)、ふわっとこけてしまいました。
花どころじゃない。はずかしいのと、いたいのと、何もなかったような顔をして、その場所を足早に(自転車早)立ち去りました。腕に擦り傷・・・久しぶり

 後日、太り気味(えっ?気味ではないどっぷりとです)なので、散歩がてらにその花を見に行きました。歩いて。
 ネットで調べたら、ヒガンバナ科の「クリナム・パウエリー」というそうです。ほんとうにふにゃふにゃしていますが、何か気になる花でした。
つぼみは濃いワイン色!

「きゃー、この人は この間 ここで こけた人だ~~」って言ってるような。


 ついでに歩きながら、道沿いやお庭に咲いている花を写してみました。

これは「セイヨウニンジンボク」でしょうか?

きれいなお庭の白い「キョウチクトウ」

 初夏に咲いているので「ハルジオン」ではないですね。「ヒメジョオン」ですね。

七夕

 明日は七夕です。仙台などは8月7日にするようですが、岡山市では7月7日にしていました。家にはお芋は植えていないので、庭に出て大きめな葉っぱに露がたまっているものを取ってきて墨をすっていました。なつかしい~~。
 高島屋の地下で七夕フェアをしていました。京都の「鶴屋吉信」という和菓子屋さんのお菓子を買ってみました。

ベガ(織女)とアルタイル(牽牛)の間に天の川が描かれてます。

庭に出てランタナ二輪(織女・牽牛)と赤い小花(カササギ)を切ってきました。ちょっと無理があるね?

冷たい玉露でいただきました。七夕の雰囲気でティブレイクしてみました。