あいうえお花

2013年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年08月
ARCHIVE ≫ 2013年08月
      
≪ 前月 |  2013年08月  | 翌月 ≫

「野ばらの村」フィナーレ

今日で、内田恭子先生(Reiko先生)のデクパージュ作品展『のばらの村に憧れて』が終わります。
初日に見せていただいてから、もう一度是非と思っていたのですが、いろいろ所用が重なって叶いませんでした。でもでも、みなさんがその夢のような様子をブログで発信してくださり、雰囲気を感じて楽しむことができました。
Reiko先生のブログから

Mrs.Kさんのブログから

マナティさんのブログから

ちわ母さんのブログから
 
みえきちさんのブログから

楓さんのブログから

その他にも、ラピスの森さんのブログなど、いっぱい拝見しました。
みなさん、情報発信をありがとうございました。

夏の庭

 昨日、温度計を玄関先の日陰に置いてみましたら、3時ちょっと前に39.2度をさしました。
最近「今までに経験したことがない大雨」警報がよく出てますが、こんな温度も今までに見たことがありません。

庭の花も、暑さにぐったりしていますよ。

この赤い花は元気に咲き続けてくれてます。

種をまいて、楽しみにしていた朝顔「ブルースター」 一日のうちに、青虫に食べられて葉っぱが全然なくなっちゃいました。当のご本人の青虫君はどこかに逃げたのか、見当たりませんでした。

高畑壮平さんのヴァイオリンコンサート

 高畑壮平さんのコンサートへ行ってきました。
 高畑さんのヴァイオリン、心に染みるんです。今年も楽しみにしていました。
 高畑さんは、ドイツ・南ヴェストファーレンフィルハーモニー首席コンサートマスターを務めるバイオリニストで朝日高出身です。第一線の演奏家たちとのアンサンブルコンサートでした。30数年ドイツに住まれているのですが、ここ数年お盆のころ日本に帰られて、コンサートを持たれています。
 今日は、松岡多恵さんのソプラノも加わり、とてもういういしく可愛い素敵な方で東京芸大を2年前に卒業されています。お父さんが松岡陽平さん(チェロ)でいっしょにステージに立たれました。
■ウィーン、我が夢の街
■オペレッタ《こうもり》より、“侯爵様、あなたのようなお方は”
■カッチーニのアヴェ・マリア
■オペレッタ《メリー・ウィドウ》より、“ヴィリアの歌”
の4曲とアンコールで「蘇州夜曲」を歌われました。

ロッキーガーデンへ

 この前、11時過ぎにロッキーガーデンに到着しても、満席で泣く泣く断念したので、岡山を早めに出発して彩菜茶屋でお買い物をして、11時には到着しました。でも、もう机席は満席でカウンターの2席しかありませんでした。
 待っている間、お庭の写真を撮らせてもらったり、先日仕入れてこられたというガーデン雑貨を見せてもらいました。ほしいものばかり。でも、もう一人の自分が、「狭い庭のどこへ置くん??」とささやきます。
 心のこもったおもてなしと焼きカレーデザート・・満足しました。おいしかった。

フラワーアレンジメントレッスン(8月)

 昨日は、レ・マーニでのレッスンでした。日本列島全体が猛暑日で、3時ごろから「ごろごろ」雷さま。アレンジメントが出来上がるころ、すごい雨が降りました。
 暑い夏、生花はもちが悪いので、今月はアーティフィシャル・フラワーです。
 私の駄作傑作(?)です。小鳥とお花が可愛いので救われてます!!白いリボンが涼しげです。

レッスンの部屋・・涼しい。

全員の作品勢揃い

一緒に行ったSmileさんの作品


レッスンの後はお楽しみのティータイムです。今日のスイーツは「蟠桃」という珍しい桃を使ったパイでした。

パイ皿の中においてある鳥は「パイバード」で、先月、Emikoさんからのイギリスのおみやげで、先生が貞友シェフにお願いしてくださり、焼いているところを見せてもらいました。イギリスの家庭でパイを焼くときに使われていた道具で焼いている時にパイ皮が爆発しないよう、これをパイの真ん中にさしておいて中の空気を抜くものだそうです。


Emikoさんから、イギリスのおみやげにいただいた紅茶(Selebration Loose Tea 2013)をいただきました。ジャスミンの香りが口の中にふわっと広がりました。

ブーゲンビリア

 ブーゲンビリアがいっぱい咲きました。これは、2年前に母の日にプレゼントしたもので、花が終わったあと我が家に連れ帰り育ててます。持って行ったとき、母が、「きれいな色だね」と喜んでくれたのを昨日のことのように思い出します。

8月3日(土)は、恒例の花火大会でした。今年も旭川河川敷にビニールシートを敷いて、お弁当とビールで鑑賞しました。お天気がもってくれて、良かった良かった。

デクパージュ作品展『のばらの村に憧れて』(2)

 昨日の投稿続きです。
 ホテルシーショアのレストランで皆さんとランチをしました。海が見えるとても素敵な席です。

ホテルからのお祝いのドリンクです。きれいなブルーです。

毎週水・木曜日はレディースデイでスイーツのバイキングがあるそうです。

食事の後、先生から作品の説明がありました。説明をお聞きすると、作品をより深く鑑賞することができました。

ランチの後にたっぷりのスイーツをいただいているのに、またまた
 アップルおばさんのはちみつケーキ
 ポピーとダスティの想い出のシラバブ
 ばらのジャムとパンケーキにバニラアイスを添えて

をいただきました。体重計にはしばらく乗らないようにしよう。

ご一緒くださった皆様ありがとうございました。
Mrs.Kさん、帰り道 駅までお送りくださり、助かりました。お世話になりました。

デクパージュ作品展『のばらの村に憧れて』(1)

 昨日(8月1日)Reiko先生の作品展に行ってきました。初日に行くことができて、本当に良かったです。
  内田恭子デクパージュ作品展『のばらの村に憧れて』
  会場;ホテルシーショア御津岬
     兵庫県たつの市御津町黒崎1842
     TEL.079-322-0090
  会期; 8月1日~31日

 イギリスの絵本「ブランブリ―ヘッジ(のばらの村のものがたり)」と「フラワーフェアリー」をモチーフにしたデクパージュ作品 約90点の展示です。
 すばらしい展示の数々でした。写真撮影が下手で、うまく表示できていませんが、ぜひぜひ興味をもたれた方は、見に行ってください。実際にご覧くだされば、行って良かったと思うこと間違いなしです。夏休みに子どもさんたちにも見て貰えればいいですね。(ホテルの前で泳げますよ)

ホテルの会場は海に面しています。

アレンジメントの生徒のみんなからプレゼントです。寺村サチコさんの作品をお祝いにお渡ししました。
とても喜んでくださいました。


デクパージュの生徒さんたちの作品です。

とても細かい作業です。先生の愛情が感じられますね。

続きは、ランチタイムとギャラリーツアー(作品の説明)とブランブリーヘッジのデザートタイムです。
お楽しみに!