あいうえお花

2014年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
      
≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

「アメンボ」と「ミズスマシ」

6歳の孫と歩いていると、たんぼの水面でゆらゆらするものがいます。
「『ミズスマシ』がいるよ。見たことがある?」
って私が言うと、
「『アメンボ』でしょ?」
って孫の返事。

「おばあちゃん!影がきれいだから写真撮って。早く早く。」
と言われて撮りました。細い脚の水面にあたっている部分が、表面張力で丸い影になっています。
家に帰って、すぐに何か描いていると思ったら、「アメンボ」の絵でした。(残念ながら、写真を撮っていない)

「アメンボ」と「ミズスマシ」どっちが正しいんだろうと思って、調べてみると「あめんぼ」らしい。孫の勝ち!
関西では「アメンボ」を「ミズスマシ」というところもあるらしい。
私の場合は、単に「あやふや」だけだったかも。

  夕暮の小雨に似たり水すまし   正岡子規

正岡子規も間違えていたらしい。

カーテンタッセルをつけてみました

 先日作成した「カーテンタッセルアレンジ」を小窓につけてみました。どこがいいかなあと思案中です。



りっぱな桃をいただきました。出始めたばかりの白桃です。ほっぺたが落ちそうなほどおいしいです。
ありがとうございました。


7月ティーレッスンの部

 レマーニのレッスンの代わりに、PinkRoomレッスンの空席に入れていただいたおかげでティーレッスンを受けることができました。目からうろこのレッスンでした。家に帰ってすぐに、冷蔵庫にあったスイカとブルーベリーで実践しました。
寝る前だったので、紅茶を少な目にしたので、色味がでてません~~。ジンジャーエールが多すぎました。でも目から楽しませてもらいました。もちろん、おいしかったです。

では、レッスンの様子です。

ケーキがかわいい!食べるのがもったいないです。

7月レッスン アレンジメントの部

Reiko先生のPinkルームに初めておじゃましました。
ダウントンアビーな感じで、レッドバトラーさまたちがお出迎え。一気にテンションが上がりました。
緊張している所へ、先生がウエルカムティーを持ってきてくださいました。きれい!!

アレンジメントのレッスンはカーテンタッセルにアレンジです。
先生のお手本

一心不乱で制作です。

Minnieさんの作品です。

皆さんの作品が手をつないで輪になりました。

先生がカーテンに取りつけてみてくださいました。かわいいっ!

吉備プラザでビュッフェバイキング

吉備高原の「きびプラザ」にビュッフェバイキングを食べに行ってきました。地元の農産物を使った料理がメインで値段も安くて、おいしいと評判です。
吉備新線の途中に清水白桃で有名な清水を通るのですが、直売所へ寄ってみましたが、清水白桃はあと一週間先から店頭に並び始めるそうでした。残念!でも、早く出荷されている「白鳳」はたくさん並んでいました。
(写真とるのを忘れました) 駐車場から北の方をみると、もくもくした入道雲がわいていました。午後は雷かも。

きびプラザです。吉備高原リゾートホテルもあります。

2階のビュッフェバイキングの入り口。

焼きたてのピザがおいしかった。夫はブルーベリーカレーに挑戦!!

駐車場で、雲がさっきよりもっと、もくもく湧いてきていました。

案の定、2時ごろからすごい土砂降りと雷。急いで岡山に帰ったのですが、市内は一滴も雨が降っていませんでした。

フラワーアレンジメントレッスン7月

今日は、先日のレマーニレッスンに台風のせい(取り越し苦労?)で欠席したので、Katieさんたちのクラスに入れてもらいました。先生のPinkRoomに初めておじゃまさせていただきました。
一日中いても見飽きないほどのコレクションで、完璧なまでにコーディネート&プレゼンテーションされていてその素晴らしさに圧倒されました。
今日は、アーティフィシャルフラワーとアイスティーのレッスンでした。カーテンタッセルにバラの花をアレンジ・・・素敵です。今日行って良かった!!

アイスティーレッスンの様子は、またのちほど。

アジア民間説話学会国際シンポジウム大会

 この8月末にアジア民間説話学会第13回国際シンポジウム大会が岡山で開催されます。
アジア民間説話学会は,1994年稲田浩二先生が提唱され発足した学会で、新たな国際的なタイプインデックスをアジアの研究者と共同で作成したいという構想をお持ちでした。そこで、韓国と中国、両国における昔話研究の第一人者、崔仁鶴先生と劉魁立先生に打診され、三先生の呼びかけによって,この学会が設立されました。そして、同年3月、第1回の国際シンポジウム大会が開催され、その後、3か国が隔年回り持ちでシンポジウムを開催してきました。今年は、稲田先生の郷里である岡山で初めて開催することになりました。崔仁鶴先生と劉魁立先生も参加されるとのこと、稲田先生もさぞかし喜んでおられると思います。
 数年前、中国、北京の「北京師範大学」で開催されたシンポジウムに出席させていただき、貴重な体験を得ることができました。その時の写真を出してきて懐かしんでみました。

天安門です。時間がなかったので車で眺めただけです。

万里の長城です。

この木を見たことがありますか?日本名「しだれえんじゅ」。中国名は「竜爪槐」というそうです。

北京大学の学生さん、通訳と観光案内をしてくれました。優秀な女性たちで京都大学へ留学するのが夢だそうです。

「明の十三陵」です。

京劇も見ることができました。昔から是非見たかったので、感激しました。

濃淡がきれい

外の窓辺に植えているペチュニア「ギュギュ」、ここ数年この場所に植えています。紫の濃淡が微妙にきれいです。部屋の中からも見えるので、癒されます。

ブーゲンビレアのピンクの濃淡・・・これもきれいです。

こちらは、斑入りのランタナ。花色は黄色が多いのですが、これは白でした。咲いてみてわかりました。
ハウステンボスに行ったとき、この斑入りランタナが随所に植えてあって、心惹かれてずっと我が家でも植えています。