あいうえお花

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPいろいろ ≫ 「マタタビ」と「オオキンケイギク」そして「アンジェラ」

「マタタビ」と「オオキンケイギク」そして「アンジェラ」

 この季節に目につくのが、林・森の道沿いの木にからまっているツル性の植物で、部分的に葉が白くて、それが風に揺れて「ハンカチ」のよう・・・何年か前にとても気になって調べてみましたら猫の大好きな「マタタビ」でした。
 昨日、吉備中央町で撮影

初夏になると葉が一部白くなる現象は、受粉を助ける昆虫に、花のありかをわかりやすくアピールしているということらしいです。野山に花のない今の季節は、とてもめだちますね。

 もうひとつ、ドライブしていると目につくものは、「オオキンケイギク」がいっぱい!!ということです。
道の両側で黄色い花がずっと咲いているととてもきれいなんですけど・・・庭や花壇に植えてはいけないみたいですね。日本の生態系に重大な影響をおよぼすおそれがある植物として、外来生物法による「特定外来生物」に指定されていて、栽培、運搬、販売、野外に放つことなどが禁止されているそうです。


 道の駅でとれとれの野菜を買って帰ると、夕方、いっぱいの「アンジェラ」を持ってきてくださいました。
つぼみの濃いピンクと開いた花の薄ピンクが何ともいえない美しさ!!部屋がぱっと明るくなりました。
ありがとうございました。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL