あいうえお花

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPおでかけ ≫ 浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術

浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術

追記
 10/9(日)NHK「日曜美術館」で浦上玉堂の特集がありました。 10月9日(日)朝9時からEテレ日曜美術館本編で浦上玉堂が特集されましたす。 日曜美術館「響き合う琴と詩と絵~浦上玉堂の山水画~」.  もちろんビデオをとり、保存版にしました~

 今日は、岡山県立美術館で開催中の『浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術』展を見に行ってきました。昔、就職したての頃、ゆえあって、玉堂や雪舟の絵を間近に見て、触ることができたことがありましたが、玉堂の絵は、なんだか奇異で、山の頭頂部がそぎ落とされている絵という感想しか持っていませんでした。
 数十年たって、久しぶりに見た玉堂は、吸い込まれるような迫力があって、とっても感動いたしました。言語に尽くせない感動でした。そんな自分が不思議な感じです。
 h28930_09.jpg

h28930_12.jpg

h28930_01.jpg

h28930_20.jpg


 同時開催中の『国吉康雄』展も見ました。
h28930_05.jpg
 これも、見ごたえがありましたよ。
h28930_10.jpg

 そのあと、県立美術館のとなりの天神山文化プラザで現在開催中の「竜墨書道会展」に行きました。主宰者の片山竜篁先生は私の中学生時の恩師で、娘も小・中と教えていただいています。久しぶりにお会いして、先生はもう覚えておられないと思っていましたが、「よーーく、覚えているよ、娘さんもね~」って言ってくださり、とってもうれしかったです。
h28930_11.jpg

 上記の3つの展覧会をじっくり鑑賞し、芸術の秋を堪能いたしました。


h28930_06.jpg

 おとなりから、とっても大きな栗をいただきました。この可愛いかごに入れて持ってきてくださいました。何か秋らしい敷物はないかしら・・・ 昔、蔦の葉を刺繍したテーブルセンターがあったので、敷いてみましたが、うまく写ってませんね。
 今まで食べたことがないくらい、黄色い色の実で甘くて・・・食欲の秋も堪能しました。感謝です。
おでかけ | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment













非公開コメントにする