あいうえお花

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP民話・昔話 ≫ 昔話研究会のお花見

昔話研究会のお花見


昨日は、故 京都女子大名誉教授の稲田浩二先生宅で行われる恒例の枝垂桜のお花見会でした。
『花の下にて春死なむ』のとおりご自分で植えられた大好きな桜が満開のころ稲田浩二先生はなくなられました。もう4年も経たのですね。
弟子たちは、今年も集まり、思い出を語りながら時を過ごしました。

山の斜面を利用した広い庭には、ソメイヨシノもあります。立派な枝垂桜の横にログハウスがあり、そこで2月1回の研究会を行っています。デッキに立つと枝垂桜が手にとれるようにそばで咲いています。

また、「タラノキ」もたくさんあって、今日はその芽をとって天ぷらをしました。おいしくて大量にあったのに全部すみました。
「天ぷら」も「ちらしずし」(新見の寿司一製・・高島屋)も写真を撮るのを忘れました。

食事の後は、筒井先生のストーリーテリング・・ 「蛇婿入り」 、「聞き耳頭巾」、「ツバメの恩返し」を語ってくださいました。暖かいデッキで至福の時でした。

次に梅花女子大学教授の鵜野祐介先生の歌とお話しがありました。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL